賃貸オフィスを借りる時は三つのポイントを忘れない

オフィスの立地を考える

賃貸オフィスを借りる時はまず立地のことを考えましょう。できるだけ利便性の良いところを借りるようにします。利便性が悪ければ、仕事がしにくくなりますし、業績を向上させるのも難しいです。都市部だったら、駅の近くが理想的です。駅から徒歩で行けるところを借ります。徒歩で10分ぐらいで行けるところを探しましょう。地方だったら、車でアクセスしやすいところを選びます。例えば、郊外で広い駐車場のあるオフィスがふわしいです。もう一つ大切なことは、会社のイメージです。名の知られたところにオフィスがあれば、会社のイメージアップにつながります。このような場所の賃料は高いですが、借りる価値はあります。

賃料を抑えるようにする

会社を始めたばかりの頃は経済的な余裕がないので、高めの賃料を払うのに苦労する場合があります。だからと言って、利便性の悪いところを借りたら仕事はしにくいですし、会社のイメージが悪くなります。この問題を解決するには、良い方法があります。利便性の良いところで、築年数が多い物件がお勧めです。築年数が10年から20年程度だったら、便利なところでも賃料は安くなります。

傷みの少ない物件を借りる

築年数が多い物件でも状態の良いオフィスは見つかります。可能な限りそのような物件を探しましょう。建物が傷んで、老朽化が目立つ物件にオフィスを構えたら、会社のイメージダウンになってしまいます。意外に注意が行き届かないのが臭いです。借りる時に異臭がしないか注意しましょう。

賃貸オフィス 中央区は一時的に場所を借りて拠点を作り、営業活動などをするきっかけにすることができて便利です。