家造りの資金計画をどのように考えるかが大事

可能な限り資金を抑えるために必要なこと

家造りをする場合には、必ず資金が必要になります。この時、無駄に資金をかけないようにするためには様々な工夫をする必要があります。その一つは、条件付きの土地を購入することです。条件付きの土地とは、一定の条件を満たして初めてその土地を手に入れることができるものです。たいていの場合には、土地の上に一戸建て住宅を建築しその建築業者までが指定されていることが多いです。

これに関してはメリットとデメリットの両方がありますが、メリットとしては業者選びをしなくて済む点です。また、普通の土地を購入するよりも安く手に入れることができることも見逃せません。一方で、自分が選びたいと考えていた工務店やハウスメーカーを選べなくなることも頭に入れておかなければいけません。もし、ハウスメーカーや工務店などにこだわりがなければ、安く土地を購入することができる条件付き土地を購入してみるのもよいかもしれないですね。

金利は固定がいいか変動がいいか

住宅ローンを組む場合には、長い年月をかけてお金を返済していかなければなりませんので、後々のこともしっかり考えた上で住宅ローンを組むことが必要です。つまり、その場の勢いだけで住宅ローンを組んでしまうと、後になって後悔しますのでしっかりと下調べをしておきましょう。

住宅ローンを組む場合に迷うのが、固定金利と変動金利です。固定金利は、最初に住宅ローンを契約した時の金利が返済し終わるまで続くことを言います。これに対して、変動金利の場合には時期によって金利が変動していきます。低金利時代の場合には、固定金利の方が有利になるといえるでしょう。

2000万の家は、日本に建てられている注文住宅の平均より低い価格帯の家です。優先順位と予算配分をしっかりと決めて、メリハリのある住まいを考えることが大切になってきます。