駅近物件のメリットとデメリットって何があるの?

電車を使う人にとっては便利

駅近物件のメリットが電車に乗る人からすると日頃の生活が便利になる事ですね。例えば学校や勤務会社まで電車で通っている人は、家と駅の距離が近い程、通勤通学しやすいです。駅まで遠かった場合は、朝早く起きて仕度しなければいけないので、夜も早く寝る必要がありますね。しかし、駅が近いですと、わざわざ早く起きなくても大丈夫なので、朝ゆっくりできるメリットがあります。特に大型駅だと旅行に行く時も便利に活用する事ができますね。

また、大型駅の場合は銀行や郵便局なども設置されていたり、駅内にお店もあるので通勤通学以外でも便利に活用する事ができますね。ただ、小規模の駅の場合は、駅内にあるお店の数が少なかったり、場合によってはお店がないという事もあるので、大型駅の近くの物件がお勧めです。

駅近くの物件は家賃が高い

駅近くの賃貸物件のデメリットとしては、家賃がやや高めに設定されているという事ですね。便利な環境下ですので、その分家賃も高くなっており、収入が低い人からすると少し住みにくいと言えます。家賃が高いという事は、敷金などの費用も高くなる可能性があり、初期費用のために多額の資金を準備しておく必要もありますね。ただ、収入が高い人は、家賃が高くても問題ないので、物件選びの1つの候補になります。

また、同じ駅近くの物件でも、都会と地方とでは大きな差があります。都会はかなり家賃が高額ですが、地方になるとそこまで高くはないです。つまり、収入が多くなくても、地方であれば駅近くでお金の負担を気にすることなく住める物件を見つけられる事があります。

地域によって賃貸物件の家賃相場は違います。道内でみた場合、千歳の賃貸物件はその他の地域に比べると平均的な金額と言えるでしょう。