賃貸物件の探し方…安すぎても高すぎてもだめ?!

賃貸物件の魅力とは何?

賃貸を探す場合、部屋の数が多いとか高級感があるとか惹かれる部分はいろいろです。最優先する条件としてはやはり賃料だと思います。賃貸の料金としては収入の1/3が目安と言われています。20万円の収入がある方は7万円ほどの家賃がちょうど良いのですが、賃料は安ければ安いほど助かるので安い家賃の物件は魅力的だと言えます。地域によって賃料の相場があるので調べておくと物件探しに役立ちます。相場より高ければ考えものですし、安すぎても何か怪しい気がします。

相場より高い賃貸に住む

駅からの距離や部屋の広さが同じなのに賃料に大きな差がある場合は何かしらの理由があるはずです。例えば、セキュリティが他の物件よりも強化されていたり、耐震強度やデザイン面で相場より高くなる場合もあります。敷地内に駐車場があり、無料で使える場合はその分、家賃が高くなる傾向があります。セキュリティが強化されている賃貸は安心ですし、駐車場代が上乗せされていたとしても、駐車場代の相場を下回っているならもちろんお得になります。

相場より安い賃貸に住む

駅近の買い物に便利な環境で相場と比べてもかなり安い賃貸があれば誰でも気になります。注意したいのはそうした賃貸が訳あり物件かもしれないというところです。住宅のどこかに欠陥があったり、夜になると騒音がひどいとか、安い賃料でなければ入ってもらえない理由があるのかもしれません。何かおかしいなと思った時はストレートに「この物件は訳ありですか」と聞くべきです。聞かれたことに対して答えなければいけないという義務が不動産屋にはあります。

北海道の冬は寒くて厳しいのですが、賃貸住宅でも寒さ対策は万全です。小樽の賃貸物件は窓とストーブ・寒冷地用のエアコンなどで寒さを防いでいます。